お葬式で渡す香典袋の書き方

お葬式で渡す香典額に基本的な決まりがあるように、香典袋の書き方にも決まりがあります。毛筆か筆ペンを使用しての薄墨で書くことが基本とされます。鉛筆やボールペンはマナー違反のため注意が必要ですが、中袋に関してはそれらで書いても問題はありません。慶弔用のスタンプも市販されており、字が汚い人はつい使いたい気持ちになりがちですが、遺族へも配慮してできれば手書きで書くのが無難です。

宗教に応じて使い分けが必要なのも知っておきましょう。仏教、キリスト教、神教に分けられ、それぞれ書き方が異なります。宗教が不明な場合でも汎用的に使える表書きが「御霊前」で、袋は白無地で黒白または双銀の結び切りの水引というのは覚えておきたいです。とはいえ、「御霊前」も万能ではなく、仏教の浄土真宗もしくはキリスト教のプロテスタントの場合は不適切となります。やはり、可能な限りは、お葬式に参列する前に確認するのが一番と言えるでしょう。

中袋の表面には香典額を書きます。例えば1万円なら「金壱萬円」もしくは「金壱萬円也」です。数字を使ってもマナー違反ではありませんが、正式には旧字体の漢数字を使うのがマナーとされています。壱、弐、参、伍、萬あたりはよく使うため覚えておくと良いでしょう。