お葬式で渡す香典の包み方とお札の入れ方

お葬式で渡す香典は、香典額もさることながら、包み方にもマナーがあることを知っておきましょう。香典を渡す際には布で包んで渡します。普通の布でも構いませんが、袱紗と呼ばれる布で包むのが正式なマナーです。

袱紗は冠婚葬祭で使えるため持っておくと便利です。しかし、お祝い事とお葬式の場合それぞれで使える色と包み方は違うため注意が必要です。お葬式の場合は、ねずみ色、紫色、藍色など地味な色を選びます。包み方は、袱紗の真ん中やや右よりに不祝儀袋の表側を上にして置いて、右、下、上、左の順番で畳み、右にはみ出た部分は内側に折ります。お祝い事の場合は、赤色や朱色などの明るい色を使い、包み方はお葬式時の逆になります。

お札を入れる際には、お札の向きをそろえて、できればすべて裏向きにして入れます。人物が見えない側が裏です。昔は新札を入れると失礼にあたるとされていましたが、最近では新札でも問題ないとされています。気になるようなら一回折ってから入れましょう。香典額は故人との関係によって3千円から10万円程度と幅があります。親なら5万円から、親戚であれば1万円から、仕事関係者や友人であれば5千円からが一般的で、周囲に相談しても構いません。