お葬式における服装と香典のマナー

突然お葬式に参列しなければならなくなった場合でも、服装やアクセサリーには注意が必要です。喪服とは、遺族が喪に服す意を表すもので、モーニングや和装などの正式と、ブラックフォーマルなどと呼ばれる略式があります。参列する側としては、たとえ正式を持っていても、親族より格が上にならないよう略式を着用するのがマナーです。また、通夜より前、亡くなった直後におこなわれる仮通夜においては、喪服を着用せず、地味な平服で駆けつけるのがマナーです。喪服だと不幸を予期していたようでおかしいとされます。通夜と告別式に関しては、基本的にブラックフォーマルで良いでしょう。

急なお葬式に備えて、男性の場合だと、職場に黒ネクタイを常備しておくのが望ましいです。コンビニや100円ショップで買えますので、もしものときのために準備しておきましょう。ネクタイピンははずすのがマナーです。女性の場合は、髪型やメイクは地味にすることが大切です。バッグやアクセサリーも派手にならないようにしましょう。

香典は通夜へ参列するならその際に、参列できない場合は告別式で渡します。香典額は故人との関係や地域のしきたりによって決まり、3千円から10万円程度と幅があります。自信がなければ、香典額については周囲と相談してみるのが無難です。