お葬式参列時の基本マナー

身内や近しい人の不幸は、ある日突然やってきます。普通の社会人であれば、お葬式に参列する機会がそう頻繁にあるわけではないでしょう。お葬式には基本的なマナーがあります。いざというときに慌てないために、知識として知っておけば安心です。

基本的なことですが、通夜や告別式には遅れないよう少し早めに着くのがマナーです。途中で帰るのがあらかじめわかっているようなら、焼香後にすぐ出られるようできる限り末席に着座しておけば、周りに迷惑をかけずに済みます。

受付時には香典を渡します。香典額は故人との関係によって決まるため事前に調べて準備しておきましょう。香典額がよくわからない場合は周囲と合わせるのも手です。芳名帳に記入をしてから、最後に一礼して参列する流れとなります。

通夜や告別式の場では、大声を出してはいけません。知人へのあいさつも黙礼程度に済ませます。遺族へ対するお悔やみの言葉は「この度はご愁傷様です」や「この度は突然のことで」などを小さい声で控えめに述べます。「この度は」だけで終えたり、言葉無しで黙礼だけでも特に問題はありません。お悔やみの気持ちを伝えることが大切です。ほかの参列者のことも考慮して、長くならないよう簡潔に済ませましょう。